ブログBlog

Blog

080-3274-9680

受付時間

10:00~23:00

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 東京や横浜で慢性的な腰痛でお悩みの方は出張の鍼灸、マッサージ院が解決します

ブログ

東京や横浜で慢性的な腰痛でお悩みの方は出張の鍼灸、マッサージ院が解決します

世田谷区を中心に東京都内、横浜に出張で鍼灸、整体、マッサージをしている治療院です。
今回は腰痛でお悩みの皆様に出張治療でできること、腰痛について詳しくお伝えできればと思います。
腰痛はとても奥が深く今回は腰痛のタイプ別に、改善する方法などご紹介しています。

目次

腰痛の発生原因 原因がわかるタイプとわからないタイプ

腰痛の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。これを特異的要因と呼びます。代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがあります。その他には細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。
原因が特定できる腰痛の種類としては大きくわけて、腰椎を直接障害するもの、腰椎は障害しないが、臓器の周囲にある神経を刺激するものに分けられます。
直接障害するものとしては腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、背骨の骨折など、腰椎に異常が生じている病気だけでなく、骨への細菌感染やがんの骨転移といった命にかかわる危険な病気も含まれます。その場所は油断しないで早めに医師に相談して原因を調べることが大切です。
腰は障害しないが、臓器やその周囲の神経を刺激するタイプには、胃潰瘍など消化器系の病気、尿路結石など泌尿器系の病気、子宮筋腫など婦人科系の病気、解離性大動脈瘤など循環器系の病気などがあります。
※坐骨神経を圧迫・障害し、腰だけでなく脚にしびれや痛みが生じる場合は、俗にいう「坐骨神経痛」とも呼ばれています。

原因がわからないタイプの腰痛

一方で残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。これを非特異的要因と呼びます。
このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。
簡単にタイプ別にまとめてみます。
1,社会 心理的要因
ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠などです。
2, 身体的要因
長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足、肥満、冷え症などです。
3,神経の要因
筋肉や筋膜の短縮、拘縮による神経障害です。
次は腰痛が慢性化する理由についてです。
慢性の腰痛とは、筋肉の炎症による痛みと神経の痛み、または心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態です。
腰痛によって身体を動かさないでいると、それが精神的ストレスとなります。精神的ストレスが続くと、痛みを抑制する脳のシステムがうまく働かなくなり、神経が過敏になり、より強く腰痛を感じるようになります。それでますます身体を動かさなくなってしまいます。これが腰痛の悪循環です。
また、痛みのことばかり考えたりすることも、ストレスとなり慢性化の原因になります。
神経質な方や、ずっと考えてしまう性格の人は陥りやすいです。
腰痛が慢性化する原因は様々であり、治療などで適切に対処することが必要です。

腰痛の症状と治療法1-1

腰痛の症状はどんなものがあるのか?
また腰痛がなくても腰痛と関係のある症状とは?
1,腰が痛い、重だるい。
2,腰が激しく痛い。
3,お腹の調子が良くない、生理不順。
4,起床時、仕事などで疲れてくると腰が痛くなる。
5, 腰からふくらはぎ、または太ももの前や後ろ、ふくらはぎの前、つま先、かかとなどが痛かったり、重だるかったり、痺れたりする。
6, 安静にしていると楽になる、または安静にすると逆に痛くなる。
7,動き始めると楽になる、お酒を飲むと痛くなる。
8,頭痛がする、肩凝りがある、立ちくらみがある。
9,股関節や膝、足首が痛い。
10,冷え性である、アレルギー体質である。
お腹の調子がいつもよくない。
など簡単にまとめましたが、これらの症状が腰痛と関係してでてきます。
治療法にはどんなのがあるの?
大きく分けて6つあります。
1, 薬物療法
痛みを抑制する飲み薬や塗り薬を使います。
2,神経ブロック注射
主に整形外科、麻酔科やペインクリニックで実施されており、局所麻酔薬やステロイド薬で痛みの伝達をブロックする治療法です。

治療法1-2 当院では原因のわからない85%の腰痛を解決できます。

3,保存療法
経過観察でそのまま様子をみます。 整形外科などにいくとよくレントゲン撮影やMRIを使います。そこで骨や神経に異常がないとみられ、診断名がつかなかったり、筋、筋膜生の腰痛などと言われ、湿布などで対処することが多いです。
4, リハビリテーション(理学療法)
いわゆる整形外科などで保険を使い、牽引療法をしたり、温熱療法をしたり、運動療法をしたりです。治療時間は15分程度でしょう。
5, 鍼灸、マッサージ、整体など
4,と同じく治療ですが、大きく違うところは一番は筋肉にアプローチすることです。
しかし、治療法や治療院によって保険診療や自費診療など色々違うところがあり、一概には言えません。
6, 手術
この対処となるのは特異的要因の腰痛です。原因がはっきりしている場合、よっぽど症状が酷い場合に使う手段です。
非特異的要因の腰痛ではあまりないです。

当院の治療が原因のわからない腰痛に対処できる理由とは?
1,六本木の有名治療院で色々な技を伝授してもらったから。
2,赤坂の治療院ではリピート率No.1の実績を出し続け、様々な症例を見てきたから。
3,全日本鍼灸師会に表彰された実績もあり、今でも毎週勉強会や勉強をしているから。

原因不明の85%の腰痛は当院が解決できます

始めに原因の分かる手術が必要な症例などは当院では治療出来ません。
しかしなぜ当院は85%の原因不明の腰痛を解決できるのか?
よく整形外科や病院にいくと湿布を出されてそのまま経過観察という話を以前担当していた、沢山の患者様からも聞きます。
長年、腰痛で悩んでいる患者さんも沢山見てきました。
僕が以前働いていた所では、最初腰痛で悩んできていた患者さんも、現在は腰痛に悩むことなく、身体のメンテナンス、予防医学として通われていました。
当院が一番意識しているのは身体全体を診るということです。
身体全体は筋膜(Fascia)と呼ばれるもので繋がっています。
腰痛持ちの方で腰自体に問題がある方はあまりいません。
整形外科で見れるのは骨など骨格的なものです。
当院は整形外科で見逃されがちな筋膜や神経をまずみます。骨というのは筋肉や筋膜から付着しているので、そこを正せば骨も自然も元通りになります。
それと東洋医学的な治療を使い、西洋医学が見逃してきた部分もしっかりと見立てをします。
筋膜と東洋医学的観点から、治療する為、身体の不定愁訴(診断の付かない様々な不調)に対してアプローチが可能なのです。

まとめ

腰痛には大きくわけて二つのタイプがある
1,原因の分かる腰痛 全体の15%
2,原因のわからない腰痛全体の85%
1は症状は鍼灸やマッサージ、整体などで改善は十分できるが、完治は難しく、持病となりやすく、うまくその症状と付き合っていく人が多い。完治を目指す場合は手術などが必要になるケースが多いです。
または鍼灸などの治療が禁忌となる症状も多々あります。
2,は鍼灸やマッサージ、整体が非常に有名であり、西洋医学で原因がわからないと言われても解決できる可能性が高いです。
何故なら、身体全体をみて、レントゲンなどではわからない筋膜の繋がりをみて、身体の根本から改善する治療をするからです。
当院ではそれが可能です。
勿論ヘルニア持ち、脊柱間狭窄症や坐骨神経痛を持っている方も、これまで沢山見てきました。
上手く治療と合わせて付き合っていけば決して怖くないです。
例え、疾患自体が治らなくても症状がでなければ、毎日の生活から苦痛が取り除かれ、さらに充実した生活を送れます。
当院ではそのお手伝いを出張 治療を通してさせて頂きたいと思っております。

シェアするShare

ブログ一覧