ブログBlog

Blog

080-3274-9680

受付時間

10:00~23:00

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 今流行りのハイドロリリース注射とは?

ブログ

今流行りのハイドロリリース注射とは?

当院は世田谷区、目黒区を中心に東京横浜で出張で鍼灸、整体、マッサージをメインにしております。

最近テレビなどで見かけるハイドロリリース注射というものを皆さんはご存知でしょうか?肩凝り、腰痛などが劇的に改善するものです。今回は整形外科や病院で行われているこの治療法についてご紹介させて頂きます。

目次

ハイドロリリース注射とは?

ハイドロリリースとはなにか?

液体を筋肉や筋膜、神経周囲などに注入して
痛みの原因となっている筋肉、筋膜、神経を
治療する方法の総称です。
トリガーポイント治療とも呼ばれています。

保険治療でそう言った治療があるわけではなく、
ここ数年で急速に広まりつつある治療コンセプトになります。
従来保険収載されているトリガーポイント注射というのはただ患者さんが痛いと言う場所に
麻酔薬を注射する方法のことを言っていました。
しかし、患者さんの動きと痛みの出る動作を
診察で確かめて、筋肉のしこりを正しく触診し
本当に痛みの原因となっている場所を見抜いて
液体を注入(ハイドロリリース)すると、
これまで痛み止めや手術でも取れなかった痛みがその場で和らいでしまうというものです。

伸びなかった関節が伸びるようになり、首が回るようになったり、肩が上がるようになったり、前屈可動域が増えて腰痛が軽くなる。
そう言った効果が見られます。

あくまでキモとなるのは超音波を見ることではなく、医師が身体の動きを分析する診察技術や、筋肉や神経の触診技術です。
患者さんの中には、超音波を見れば悪い場所がわかるだろ!とテレビを見て勘違いされる方もいますがあくまで医師の診察技術が大切なのです。

テレビでは超音波を用いて注射をしていますが
実際の治療では必ずしも超音波を必要とはしてないようです。

ハイドロリリースはなぜ効くのか? どんな症状にきくのか?

ハイドロとは「水」という意味でリリースとは「注入」という意味になります。
この水とは「生理食塩水」のことになり、身体の中に入れても無害です。

更に具体的にいうと筋肉の外が筋膜と呼ばれる部分があり筋膜と筋膜の間には「間質」と呼ばれるスキマがあります。
その隙間の部分に生理食塩水を入れることで筋膜と筋膜の間の滑走=滑りをよくし、痛みや凝りをとります。

何故滑りがよくなると痛みや凝りが取れるのか?

筋、筋膜性の肩凝りや腰痛の痛みや凝りは筋膜の滑走障害によるものだからです。
筋膜の滑走をよくすれば症状は緩和する、
滑走をよくするにはその間の間質に生理食塩水を流し、強制的に広がりを作ることで筋膜が滑りやすくなり改善されるわけです。

適応症状はどんなものがある?

ハイドロリリースの適応疾患ですが、頸部痛、腰痛、肩関節周囲炎、肩凝りのほかに、変形性膝関節症での関節外の疼痛(鵞足炎など)があります。

実際に受けられる場所について

実際に受けられる場所についてご紹介します。
あまり多くありません。
今回は世田谷区、渋谷区、目黒区、港区に絞って記載させて頂きます。

世田谷区
たかの整形外科
〒156-0053東京都世田谷区桜3-16-7 ドウェルフジ1F
TEL 03-6413-6585

神谷整形外科・眼科
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-35-20
TEL:03-6413-7111

目黒区
目黒通りハートクリニック
〒152-0004 東京都目黒区鷹番1-10-2
TEL 03-6303-3328

自由が丘クリニック
〒152-0023 東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200

渋谷区
北青山Dクリニック
東京都渋谷区神宮前3-7-10AKERA(アケラ)ビル地下1階
TEL:050-7301-4555 

港区
ぼだい樹クリニック
〒105-0014 東京都港区芝1-15-13 オフィスニューガイア浜松町No17 6F
03-6809-6346
となります。
料金につきましては、保険が適応する場合もあれば、自費のみの場合もあるので、一律の料金はお伝えできません。

結局筋膜が大事! ?

ハイドロリリースとはつまり筋膜リリースということです!

多くの整形外科や病院では神経や骨をメインに見ます。
なので筋膜や筋肉の状態をみる施設は少ないです。
整体院や整骨院、鍼灸院は筋肉や骨格をよく見る機関ではあります。
しかし筋膜という概念で捉えているところはまだあまり多くないのが現実です。
筋膜とは英語でFasciaといいます。

筋、筋膜性の肩凝りや腰痛、首凝りなど治療をしてもまた戻ってしまう、治療効果が持続しない、その場合は筋膜を見れていない、アプローチできていない可能性が非常に高いです。

当院では筋膜=Fasciaを一番に考え治療しております。
筋肉ではなく、筋膜です。
筋膜の滑走をよくする治療、間質=体液間の潤滑をよくすれば勝手に凝りや痛みは引いていきます。
でもこれだとハイドロリリースと同じでまた戻ってしまうのではないか?
という疑問が出るでしょう。
戻りを無くす、または最小限にする為に当院では筋膜それから、身体全体を見る東洋医学治療をしております。
また治療と同じ位に一番大事なのが、生活習慣のアドバイス、食事、セルフケア、姿勢の改善です。
そこを見極め、適切なアドバイスをいつもさせて頂いております。

まとめ

1,ハイドロリリースとは筋膜リリースである。

2,個人差や医師の力量、医療施設によってだいぶ効果には差がある。

3,しかし、効果が出る人には非常に即効性もあり、とても有効なアプローチであるといえる。

4, 結局、原因となってる元を取らないといくら、ハイドロリリースでその場はよくなってもいずれ戻ってしまう。

5, ハイドロリリースも鍼灸や整体、マッサージ、ストレッチなどの治療も受けても、その人の、生活の原因を取らなければその場しのぎになる。

6,以上から自分の様々な症状の原因になっているものを、しっかり病院や治療院にいって、治療を受けつつ、信頼のできる先生から適切な改善法を教えてもらうのが一番よい。

当院は世田谷区、目黒区を中心に東京、横浜で出張鍼灸、整体、マッサージをメインに行っております。
健康は生活の質を上げます。
ご自身にあった治療を見つけてくださいね^_^

シェアするShare

ブログ一覧