ブログBlog

Blog

080-3274-9680

受付時間

10:00~23:00

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

Home > ブログ > ラベンダーは生理痛、不眠、ストレスに効果大!

ブログ

ラベンダーは生理痛、不眠、ストレスに効果大!

世田谷区、目黒区を中心に東京横浜で出張で鍼灸や美容鍼、整体やマッサージを行なっております。ラベンダーの香りは様々な症状に有効であるという研究がでました、中でも生理痛、不眠、ストレスには効果が他のアロマや香りと比べ高いとでました。

今回はアロマやラベンダーについて生活に役立つものをお伝えします。

目次

ラベンダーの香りは生理痛、不眠、ストレスを和らげる

アロマオイルのラベンダーや、北海道にあるラベンダー畑など、ラベンダーといったら紫色の花と想像がつく人は多く、名前も知っている方は多いと思います。

ラベンダーは特にアロマオイルの香りの中でとても優秀なものになります。
今回は研究結果も合わせご紹介します。

ラベンダーの香りは生理痛を緩和します。
補完医療の専門誌『コンプリメンタリー・セラピーズ・イン・メディシン』で報告された研究によると、月経困難症(月経痛)を和らげ、経血量を減らすという結果がでているようです。

不眠の方にもラベンダーの香り
代替医療・補完医療の専門誌『ジャーナル・オブ・オルタナティブ・アンド・コンプリメンタリー・メディシン』誌で報告された研究結果によると、ラベンダーの香りは睡眠衛生(よく眠るために推奨される行動や環境の調整)の改善と同じくらい、よく眠るために効果があるそうです。

寝る前に不眠の方にラベンダーの香りを嗅いでもらい、眠りに入ってもらうと、睡眠の質が上がったというデータがあります。
ラベンダーの香りにはリラックス効果があり、脳の興奮を抑える働きをします。

ラベンダーの香りはストレスにも有効
薬学の専門誌『パキスタン・ジャーナル・オブ・ファーマシューティカル・サイエンシズ』誌で報告された研究結果です。

息を吸って何らかの匂いが検知されると、嗅球によって感情と記憶が脳内に呼び起こされます。
ラベンダーのような特定のオイルのアロマは、ストレスに関連して呼び起こされる記憶を、ポジティブな気分や感情に変えるのではないかと考えられています。


ラベンダーには他にも様々な効果がある

ラベンダーは他のアロマオイルの中でも飛び抜け、優秀で他にも効果があります。

1, 人の気分をよくする。
ラベンダーは戦争体験者のうつ症状を改善させるくらい、人の気分をよくする力が強いです。

2, 偏頭痛を軽くする。
身体をリラックスさせる効果のあるラベンダーの香りは偏頭痛にも有効です。
薬をいつも飲んでいる方などは飲む前に一度、ラベンダーの香りを15分ほど嗅いでみてはいかがでしょうか?

3, 脳によく認知機能を保ちます。
まだ研究段階ですが、脳にいい影響があるのは間違いないようです。

4, かゆみややけどに効果がある。
ラベンダーには麻酔効果があると言われています。
また、ラベンダーオイルは傷の治りを速め、ラベンダーの軟膏は「皮膚の傷に関連する組織の修復プロセスにおいて治療薬として将来有望な候補である」と結論されたようです。

さらに、虫刺されや湿疹にも効果があり、炎症を抑えるようです。
しかし、ちゃんと身体に塗る為のものを買いましょう。

5, 不安感を和らげる。
ラベンダーは伝統的に不安感や筋肉けいれんの解消、リラックス効果のために使われてきたと言われがあります。
そのため、不安感を和らげる効果があります。

ラベンダーオイルの使い方

ラベンダーオイルは安いもので大丈夫です。
家にペットなどがいる場合は鼻に直接つけたりなどして匂いを嗅ぎましょう。
また、お風呂に数滴たらして、お風呂でリラックスするのも良いでしょう。

しかし、嗅覚は非常に疲れやすく、あまり強烈過ぎる匂いや、長時間の嗅ぎすぎには注意が必要です。

頻度としては寝る前に15分やお風呂に入れたり、アロマキャンドルを寝る前に炊いたりと、基本的にリラックスする時が良いでしょう。

副交感神経が優位になり、睡眠の質が上がりやすくなります。
仕事の休憩中なども良いでしょう。
基本的にはお仕事から帰ってからがいいかもしれないね。

主婦の方であれば、日中少し、休めるときなどに嗅ぐのもいいと思います。

ラベンダーが苦手、他の香りがいい人は?

生理痛は改善したいが、ラベンダーはあまり好きじゃないという方も、いらっしゃると思います。
今回は生理痛に限定して、ラベンダー以外にも効果のあるオイルをご紹介します^_^


1, レモングラス:めそめそ、落ち込み、気分を上げたいとき、全身のむくみ緩和なども効果あります。

2, ゼラニウム:全身のむくみ緩和、ストレス緩和、精神的・肉体的な乱れのバランスを整えるなどもあります。

3, イランイラン:イライラ、めそめそ、気分を上げたい&リラックスしたいときなどにも有効です。

4, クラリセージ:イライラ、落ち込み、気分を上げたいとき、起き上がる気力もないときなどもいいです。

5, ベルガモット:めそめそ、落ち込み、気分を上げたいときにも有効です。

最後にホルモンバランスを整えるのに最も効果のあるアロマオイルを紹介します。

それはローズです。生理痛に限らず、ホルモンを整えるのにはローズです。
しかし、ローズは少し値段が高めです。
しっかりと保存すれば何年ももつようなので、一本買ってもいいかもしれません。

まとめ

ラベンダーオイルはとても優秀なアロマオイル、香りです。
ラベンダーが苦手な人は他のアロマオイルで代用してもいいですが、生理痛、不眠、ストレスに対しては理想はラベンダーの香りがいいです。

アロマオイルにはそれぞれのオイル、香りに種類がありますが、嗅覚、「人の脳とダイレクトに繋がるもの」からのアプローチになり、ストレス社会の現代においては有効な手段ではないかと思います。

森林浴やペット療法など様々な治療法が現在にはあり、アロマオイルも世界で沢山、利用されている療法です。
アロマオイルを生活にいれるのは生活の質の向上に繋がるでしょう。

まゆか鍼灸院は世田谷区、目黒区を中心に東京横浜で出張で鍼灸、美容鍼、整体やマッサージをしております。
こちらに直接おこし頂くことも可能です。
美容面や女性特有の症状でお悩みの方は、ご自宅やオフィスで気軽にうけてみて下さい。
無料でカウンセリングも行なっております^_^

シェアするShare

ブログ一覧