ブログBlog

Blog

080-3274-9680

受付時間

10:00~23:00

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 頚椎症 頚椎椎間板ヘルニアを改善 鍼灸 マッサージ 

ブログ

頚椎症 頚椎椎間板ヘルニアを改善 鍼灸 マッサージ 

多くの方が悩んでる、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアについて今回はお伝えします。これらの名前は聞いたことある方が多いかもしれません。決して怖い病気ではなく、適切な治療をすれば、しっかりと改善、軽減するものです。身体に痺れや痛み、重だるさがある人は見て下さい。

目次

頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎椎間板ヘルニアとは?
7つある頚椎、その間をつなぐクッションの椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。
飛び出したヘルニアが神経を圧迫することで様々な症状をおこします。
加齢による変性、姿勢不良、激しい運動などによる負担が椎間板にかかることで発症します。

ヘルニアになるとどうなるか?
頚椎椎間板ヘルニアも腰椎の場合と同じく、椎間板への圧力が主な原因となります。
非常に可動性が大きい部位で、構造上、腰椎よりも外からの負担に弱いこともあり、姿勢や外力の影響を大きく受けると言えます。
そのためラグビーなどのコンタクトスポーツ選手にも多く見られます。
また、喫煙や遺伝なども発症に関わると言われています。

ヘルニアの症状にはどんなものがあるか?
軽度の場合、首の痛み、肩こり、軽い手のしびれなどを訴えます。
徐々に首を反らす動きが制限されるようになり、腕や手に痛みが走るようになります。
重症化してくると手や腕の感覚が無くなったり、握力を始め筋力が低下してきます。
手先を使う作業が上手くできなくなり、場合によっては下半身にも症状が出現します。
または、尿や便が出にくくなったり、逆に頻尿や失禁がみられることもあります。
重症では早期の治療が非常に重要ですので、注意が必要です。

頚椎症とは?

頚椎症とは?
頚椎の椎間板や椎骨が加齢に伴って変性、変形することで、脊柱管や椎間孔が狭くなる状態です。
その結果、脊髄が圧迫されて脊髄症状が出るものを頚椎症性脊髄症、神経根の症状が出るものを頚椎症性神経根症と言います。

原因は?
椎間板は年齢とともに変性し、水分が失われて弾力がなくなったり亀裂が生じたりします。
頚椎は胸椎や腰椎に比べると運動の範囲や頻度が多いため、これらの変性が進行しやすい状態にあります。
さらに進むと、椎体の角の骨がとげ状に大きくなり、靭帯も厚く硬くなっていきます。
進行は比較的遅いですが、転倒やけがなどが引き金となって脊髄麻痺になり、首から下の自由がきかなくなる場合もあります。

症状は?
頚椎症性神経根症では、首の痛みや肩こり、手足のしびれ、脱力などが現れる場合があります。
症状は多くの場合、片側に出ます。
頚椎症性脊髄症では、手先の細かい作業、例えば箸を持つ動作が思うようにできなくなる場合があります。
また、歩きがぎこちなくなり、足が前に出しにくい、速く歩けないなどの足の症状が出る場合もあります。
これらの症状は多くの場合両側にでます。
さらに、排泄の機能が障害されることもあります。

治療法にはどんなものがあるか? 鍼灸 マッサージによるアプローチ法 2-1

治療にはどんなものがあるか?
軽度のしびれのみの場合は経過観察することが多いでしょう。
しかし、転倒や事故には注意が必要です。
整体など頚椎に力を加える治療も避けた方が良いです。
脊髄症状がある場合は、手術の適応となります。進行の防止や脊髄麻痺の予防のために手術を勧められる場合があります。
神経根症状の場合、運動麻痺が強い場合や経過観察が無効な場合に手術が勧められるでしょう。

鍼灸 マッサージによるアプローチは?
オペが必要な場合の重度のものは除き、症状の改善、軽減にはとても有効な治療法です。

何故そう言えるのか
一つに頚椎ヘルニアや頚椎症と診断される人は非常に多いです。
しかし、実際には首の骨の変形があっても痛みや、痺れが出ない人もいますし、ヘルニアでも全く症状のない人もいます。
多くの人が歳を取れば、骨の変形はしてきます。

痛みや痺れの症状がヘルニアが原因で、実際に起こっている人は多いかと言われれば、そうでもありません。

骨は筋肉についています。また神経もあり、筋膜もあります。
骨や、神経だけをみるのではなく、筋膜や筋肉をみると、より原因がハッキリするケースが多いです。
筋肉や筋肉を鍼や、マッサージ、お灸で調整して、症状が改善、軽減する患者さんはとても多いのが、実際に臨床で得た経験です。

治療法にはどんなものがあるか? 鍼灸 マッサージによるアプローチ法 2-2

オペはあくまで、本当に最終手段です。
身体にメスを入れることは身体に必ず負担になり、ネプチューンの名倉さんのように、手術がきっかけで、別の症状が発症することも多く、とてもリスクも高いです。

ヘルニアや頚椎症だから、すぐにオペとなるのではなく、まずは鍼灸やマッサージを受けてみるのも一つの手であります。

また多くの人が整形外科や病院でレントゲンの結果から診断を受けます。
整形外科では保険が使えることも多く、牽引療法や、温熱療法も、保険内で、安くうけられるので、費用としても安くなります。

まずはそちらから試してみてもいいかと思っていますが、最新の医療研究では温熱療法や牽引療法には殆ど効果がないとも出ています。
エビデンスが全くないようです。
なので、効果を感じられない場合は、治療として、鍼灸やマッサージを受けることをオススメします。

また、神経の痺れや痛みに対してはとても鍼が有効です。
過去にもそれぞれの治療法の特徴をまとめていますので、そちらも参考にして下さいね^_^

頚椎症やヘルニアは怖くありません。

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアそのものが、鍼やマッサージで完全に治るかと言われたら、程度により治りますし、または治らないでうまく付き合っていくしかない方もいます。

しかし、例え治らなくても、症状の改善や軽減は充分に鍼やマッサージでできますし、その辛さがないのとあるのでは、とても大きな違いになるはずです。

また、よっぽどひどくない限りはそれほど怖い病気でもなく、改善が見込めるのがこれらの症状です。
是非、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアでお悩みの方はまゆか鍼灸、マッサージ院にご連絡下さい。
必ずチカラになれるはずです。

世田谷区を中心に都内、横浜で出張で鍼灸や美容鍼灸、出張マッサージ、整体を行なっております。
気軽に自宅やオフィスで治療を受けて下さい^_^

シェアするShare

ブログ一覧