ブログBlog

Blog

080-3274-9680

受付時間

10:00~23:00

営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 身体と精神の疲労を絶大に回復させるサプリメントと食材

ブログ

身体と精神の疲労を絶大に回復させるサプリメントと食材

規則正しい生活をするのは難しい、バランスの取れた食事をするのは難しい方は必見の記事です。 サプリメントに頼るのはあまり良くないと言われるけど、中々時間を取るのが難しい方はサプリメントで全身疲労を取りましょう。恐らく知っている人はあまりいないと思う内容になります。

目次

身体と精神の疲労

身体と精神の疲労はそれぞれ別のものとされていますが、精神の疲労でカラダに影響を与えたり、カラダの疲労が精神をより疲弊させたりします。

これを心身一如と東洋医学ではいいます。精神と身体は繋がっているということです。
しかし、そうでない場合もあります。

精神力が強すぎる人はカラダが疲弊していても、精神でカラダを動かしてしまうことがあります。
これにいつかカラダが耐えられなくなり、カラダが悲鳴を上げるのです。

どちらの可能性もあるのが精神とカラダの疲労です。
今回は疲労がとにかくすごいという方向けです。
時間がない人でもこれだけはとってほしいというサプリメントのご紹介とします。

もし、食事にも気をつける余裕がある方には、おすすめの食材もご紹介してます。

また激しい運動やトレーニングをされる方にも是非参考にしてください。

実際に患者さんにも勧めていますし、試された方は効果を実感されている方が非常に多いです。
私自身も飲んでいて、とても効果を実感しています。
明らかに飲んでいる時と飲んでいない時では体調が違います。

注意点として、飲んで体調が悪くなったら、すぐに服用はやめて下さい。
どんないい物にも個人差はあります。
また、カフェインを含む水分と一緒に摂らないでください。

カラダと精神の疲労をとるサプリメント

まず、結論から言います。
1, クレアチン
2, グルタミン
3, 亜鉛or BCAA orビタミンC
それでは順に解説していきます。
1, クレアチンは一日5-8g取るとよいとされています。
粒のタイプのものや、カプセルタイプのものがあります。
クレアチンは、筋肉のエネルギーを作り出す材料となるアミノ酸です。
とくに筋力向上に効果を発揮します。

クレアチンを多く含む食品には、肉が挙げられます。
ただし必要量を満たすには大量の肉を食べる必要があるため、効率的ではありません。
なので、サプリメントの活用が効果的な栄養素なのです。
激しい運動をしてる方だと飲んでいる方は多いと思います。

2, グルタミンも同じ最低1日5g以上はほしいです。
ストレスがあったときは、グルタミンの必要量が急増します。
クレアチンと同じくアミノ酸の一つですが、ストレス「条件下必須アミノ酸」とされています。
ストレスが存在しているとき、グルタミンは必須アミノ酸となります。

また好中球やマクロファージ、リンパ球などの免疫細胞は、グルタミンをエネルギーとして使っています。
またグルタミンの濃度が高いほど、リンパ球の増殖も起こりやすくなります。
グルタミンを摂取することで免疫レベルが高まり、風邪を引きにくくなったり、ケガからの回復を早めたりすることが可能となります。

3, 亜鉛またはBCAAまたはビタミンCについては補助としてのものです。
絶対というわけではないです。
亜鉛は風邪を引きにくくしたり、免疫力向上に役立ちます。
ビタミンCは疲労回復に有効です。
BCAAは必須アミノ酸でタンパク質を分解したもので、肉や魚、卵などタンパク質を摂れば、補えるものです。
なので食事で補える場合は必要ありません。
特にメンタル精神面の疲労にとても有効なのがBCAAです。

疲労回復に有効な食材

結論から言います。
1, 卵か肉(豚肉、牛肉、鶏肉) それぞれ栄養素が違うので用途で分けるのが効果的です。
2, 果物(特に柑橘系)
3,ヨーグルト
です。
それでは解説していきます。

1, 卵はビタミンC以外の全てのビタミンを含み、アミノ酸コアバランスが食材の中で一番位に優れていて、安価で手に入りとてもいいです。

肉は食養術と栄養的に言いますと、豚肉はカラダの疲労によく、牛肉は脳の疲労によく、鶏肉は全体的な疲労にいいです。

豚肉はビタミンB1が豊富なので、エネルギーを回すのに非常にいいです。疲労回復成分でもあります。

牛肉は亜鉛と鉄分を豊富に含み、脳にいいです。

鶏肉は胸肉に特にメンタルカラダ共に疲労回復にいい成分が豊富です。

2, 果物は消化酵素を豊富に含み、肉類と一緒に摂ると、消化を助け、栄養の吸収率をあげます。
またビタミンCとクエン酸を柑橘系は豊富に含み、免疫力アップに繋がります。
アレルギーを持っている方やアレルギー性皮膚炎の方はアレルギー反応のある時に柑橘系を摂ると悪化するのでNGです。

3, 何度もご紹介してます、私が最も重要だと思っている腸内環境を整えるヨーグルトです。
ヨーグルトは沢山の種類がありますが、自分に合う乳酸菌を見つける必要があり、まずは二週間同じものをとりましょう。
合ったらそれを続け、合わなかったら違うヨーグルトを試しましょう。
乳酸菌は同じ物を取り続けないと腸内に定着しないからです。
腸内環境は免疫力とも関わりが強いです。
詳しくは下記を参照にしてください^_^
全てにおいて腸内環境は大事です。

まとめとサプリメントの使い方

サプリメントの使い方
私のおすすめとしては全て摂る必要は最初はないと思います。
一番にとってほしいのはグルタミンで次にクレアチン、次に亜鉛やBCAAやビタミンCです。

仕事の昼休み休憩や、これからもうひと頑張りしないといけない時などに摂ると効果を実感できると思います。

また寝る前の水分補給の時に一緒に摂ってもいいと思います。
多くの人はタンパク質が足りてないのでこの順番でまずは試しましょう。
効かなかったら、これらを全て一緒にとってみましょう。

食材からも摂取できたら是非お願いします。
取りすぎはNGで必要量を守り、カラダに異変がでたらすぐ辞めましょう。

なお色々試しても全く効かなかったらカラダはかなり疲弊状態なので、鍼灸や治療を受けてください。
カラダの自然治療力を上げる必要があり、自分ではどうにかなるものではないかもしれません。
外部からの矯正で、カラダを正常に正してから自分でできることをやっていきましょう。

まゆか鍼灸院は慢性疲労で悩んでる方や自律神経の不調による様々な症状に対して、大変高い効果を出せます。
是非一度ご相談ください^_^

世田谷区、目黒区を中心に東京横浜で出張治療で鍼灸や美容鍼、整体やマッサージをしてます。

シェアするShare

ブログ一覧